"特撮"

『仮面ライダーゼロワン』 第2話「AIなアイツは敵?味方?」評価・感想

第1話の感想はこちら www.meerkatinspace.com 『仮面ライダーゼロワン』も第2話に突入。先週はまだ『ジオウ』最終回を引きずっての鑑賞だったが、2話にもなると新ライダーにぞっこんになるのも毎年の恒例である。第1話と同じ布陣が描くパイロット版後半戦は、不破諌が変身する仮面ライダーバルカンのお披露目回であり、彼と或人=ゼロワンとの思想の対立をきっちり演出する見事な回だった。 冒頭でいきなりA.I.M.S.の二人が飛電インテリジェンスへ乗り込んでくる。思った以上にスピーディーな展開だが、A.I.M.S.が飛電に目をつけていることを印象付ける。そこから戦闘に突入し、不破諌の出自や思想…

ウルトラマンタイガ ざっくり感想 第10話

武居監督&柳井脚本の第10話は久々のヒロユキ主役回。ヒロユキが昔から仲良くしていた小田という男が実は好戦的なナックル星人だったという物語。小田を演じるのはナイトレイダーの隊長でお馴染み石橋保。さすがはベテラン、ゲストキャラクターながらウルトラマンに誇りを奪われ地球人に紛れて暮らす悲哀を見事に演じ切っていた。ファンの方なら、彼の語った過去が『帰ってきたウルトラマン』第38話・第39話の出来事もしくはそれに近いものであったと推測できるだろう。『ウルトラマンタイガ』はウルトラ6兄弟とは別の世界線であるため、『帰マン』との関連性を深く考察する必要はないかもしれない。ただ、当時のナックル星人の蛮行から考…

仮面ライダービルドが遂に完結! 『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』評価・ネタバレ感想!

2017年9月から始まった『仮面ライダービルド』の物語も遂に完結だろう。戦兎がエボルトを倒すために新世界を創造した後の物語『ビルド NEW WORLD』の2作目、『仮面ライダーグリス』はタイトルの通り、西都出身の農民でドルヲタの猿渡一海=仮面ライダーグリスが主役である。私は『仮面ライダービルド』という作品にあまりいい印象を抱いていないのだが、その辺りは『Be The One』や『仮面ライダークローズ』の記事でも書いたので割愛。ただ、グリスというキャラクターに関しては一通りここで書いておこうと思う。 www.meerkatinspace.com www.meerkatinspace.com 東都…

『仮面ライダーゼロワン』 第1話「オレが社長で仮面ライダー」 評価・感想

待望の令和仮面ライダーシリーズの幕開けである。先週ようやく平成が終わり、2019年9月1日、遂に令和がスタートした(ニチアサ界隈のみ平成に取り残されていた)。記念すべき令和最初の仮面ライダーはゼロワン。0と1の世界を駆け巡る、コンピュータ関連の物語、01で令和というダブルミーニングなどなど、名前だけでいろいろと考察できるせいで商標登録の時点で話題になっていた。いざ解禁されたビジュアルは正に異形。近年の仮面ライダーにはなかった"気持ち悪さ"を前面に押し出しつつも、黒い素体と蛍光色でインパクトは抜群。その上、虫モチーフであることが一目でわかる見事なデザイン。でもあんな色の虫が家に出たら即殺すなあと…

『ウルトラマンタイガ』第9話 ざっくり感想

前後編を終えて『ウルトラマンタイガ』もようやく第9話。第4話以来のホマレ先輩回で、彼の幼馴染だというマイコが現れる話。三浦有為子脚本&武井正能監督のタッグで描かれるホマレの決意の物語。 www.meerkatinspace.com 新規の怪獣の活躍が楽しめるのはウルトラマンシリーズの醍醐味だが、今回登場するのは『ウルトラマンオーブ』である意味オーブを苦戦させたマガジャッパの原種、マジャッパである。新規怪獣の面白みとはまた異なり、マガジャッパとどう変えてくるかが見所。体色は赤が青に変化した程度だが、マガジャッパといえばやはりそのにおいが特徴。『ウルトラマンオーブ』第3話では、水の魔王獣であるマガ…

【総括】『仮面ライダージオウ』評価・感想! ありがとう平成仮面ライダー

平成が終わった日というと、世間では2019年4月30日の印象が強いかと思うが、私を含めたある界隈の人々にとっては8月25日こそが平成の終わりだったりする。そう、2000年から続いた平成仮面ライダーが遂にその幕を閉じたのだ。令和への移行に伴う半ば強制的な終了とはいえ、幼少期にクウガ、アギト、龍騎を観てそのままズルズルと平成ライダーを観続けてしまった私にとっても、かなり衝撃的な出来事である。 そして、平成仮面ライダーのラストを飾ったのが『仮面ライダージオウ』。ストレートに「ライダー」と刻まれた顔面、オリジナルキャストの出演、ディケイド以来10作ぶりの白倉プロデューサーのテレビ復帰。放送前から恐ろし…

『ウルトラマンタイガ』第5話~第8話 ざっくり感想

2話毎に書いていたこの感想だったが、気づけば一ヶ月放置してしまっていた。自分の中でウルトラマンシリーズは時間を設けてしっかりと鑑賞したいという思いがあるので、見逃し配信があるのをいいことにすっかり怠けてしまっていたのだ。というわけで、今回は第5話~第8話の感想である。 www.meerkatinspace.com www.meerkatinspace.com 第4話まででトライスクワッドは出そろったので、案の定ここからはE.G.I.S.のメンバーにスポットが当たっていった。第5話はピリカの、第6話は社長の物語で第7話と第8話は初の前後編で新フォームお披露目回。それぞれ友情もの、コメディチック、…

『ウルトラマンタイガ』第3話・第4話 ざっくり感想

奇しくも『シン・ウルトラマン』の発表と重なってしまったが、『ウルトラマンタイガ』の感想第2弾である。今回は3話と4話に関して。 第3話にしてタイガの生き別れた仲間、ウルトラマンタイタスが登場。この回はなんと言っても「タイタスさん…!!」の一言に尽きる。後半まで出てこないくせに圧倒的な力技で話題を掻っ攫ってしまうタイタス。ヒロユキの幼い頃の友達がトレギアに殺された次の回なのに。悪人に大切な人を奪われた男が怪獣となり復讐を目論む哀しい話なのに。そのマッシブな体つきが全てを持っていってしまう。ずるいぞ、タイタス。 元々ウルトラマンシリーズでパワー系と言えば、主役ウルトラマンの派生フォームとして登場す…

『ウルトラマンタイガ』第1話・第2話 ざっくり感想

本当は1話ずつ感想を書きたかったのだが、放っておいたらいつの間にか2話が放送されて3日が経っていたので2話分まとめて。 令和初のウルトラマンシリーズは、例年のように過去作との繋がりや過去ウルトラマン・怪獣モチーフのアイテムを取り入れながらも、3人のウルトラマンが主人公に憑依するという『仮面ライダー電王』を彷彿とさせる挑戦的な試みがなされた。「ウルトラマンが3人でてきます!」と聞けば今年ちょっと多いね~くらいの感想だったが、それが一人に憑依するというのだから驚き。要は主人公の体内でイマジンがやったようなコントが炸裂する可能性があるのだ。2話の時点ではまだタイガしか憑依していないので、どう演出され…

ルパパト超全集BOXが届き、改めて金額にムカついた話

「ルパパト超全集BOX」が遂に手元に届いた。予約開始が4月1日で、それから約3ヶ月。『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』という作品に心底惚れ込んでしまった私としては、毎年恒例となっているムック本、超全集の購入は避けられなかった。だが、情報解禁当初から言われている通り、やはりいろいろと不満が残る販売方法である。購入してからしばらくは存在を忘れていたが、先日発送メールが送られてきたことで怒りが沸いてきた。こんな販売形態はないだろ、と。 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー Blu-ray COLLECTION 1 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD…