ミーアキャットスペース

主に映画、ドラマ、漫画などエンタメの感想・考察をだらだら書きます。

『ウルトラマンタイガ』第1話・第2話 ざっくり感想

【Amazon.co.jp限定】『ウルトラマンタイガ』オープニングテーマ「Buddy,steady,go!」(通常盤) (L判ブロマイド付)

 

本当は1話ずつ感想を書きたかったのだが、放っておいたらいつの間にか2話が放送されて3日が経っていたので2話分まとめて。

 

令和初のウルトラマンシリーズは、例年のように過去作との繋がりや過去ウルトラマン・怪獣モチーフのアイテムを取り入れながらも、3人のウルトラマンが主人公に憑依するという『仮面ライダー電王』を彷彿とさせる挑戦的な試みがなされた。「ウルトラマンが3人でてきます!」と聞けば今年ちょっと多いね~くらいの感想だったが、それが一人に憑依するというのだから驚き。要は主人公の体内でイマジンがやったようなコントが炸裂する可能性があるのだ。2話の時点ではまだタイガしか憑依していないので、どう演出されるかは不明。ただ、ヒーロー同士がわちゃわちゃしてるっていうのが既に楽しいし、神聖なイメージのあるウルトラマン達がナチュラルに日常会話を繰り広げそうなので期待できる。

 

1話冒頭でニュージェネを罠にかけ(あんな雑な罠あるか?)、タイガ・タイタス・フーマを粒子にしてしまう程の策士・ウルトラマントレギア。ルーブ劇場版でチラッと出てきた時には次回作の2号ウルトラマンコースかなあと思いきやがっつり宿敵なので驚いている。ただ、あの拘束具みたいな仮面や胸部が外れてタイガの仲間入りという展開になる可能性はまだ残っている。というよりも、「悪のウルトラマン」という衝撃的な肩書はやはりベリアル一人に背負ってほしいので是非とも仲間になってほしい。見た目もベリアルと違いスマートだし人気声優も起用しているので、ひねくれた顔のパワーアップフォームが登場しない限り仲間入りにはまだ全然余裕がある。頼む。

 

www.meerkatinspace.com

 

 

ただ、3人のウルトラマンと言いながらもやはりタイガと主人公・ヒロユキの物語がメインになる様子。2話でタイガが実は12年も前からヒロユキに憑依して回復するのを待っていたことが明かされたので、タイガはヒロユキのことをよく知っているはずだ。しかし、怪獣を救おうとする心優しいヒロユキに対して、被害を食い止めようと怪獣撃破を第一に考えるタイガという対立の構図もあり、これをタイガの未熟さと捉えていいのかどうか。おそらくこの2人、ケンカしても絶対に折れないタイプなので早くタイタスとフーマが合流しないとまずいことになりそう。ただ、フーマも気性が荒い性格とプロフィールに書かれていたのでちょっと先が心配になってしまう。ほぼ賢人任せだ。

 

余談だが、今回のアイテム、「ウルトラタイガアクセサリー」というちょっと言いづらいし長い名前なのは置いといてデザインめちゃくちゃかっこよくないか? 去年なんか何故か腰に手を当てたウルトラマン達の股間辺りにそれっぽい漢字をドンと配置したアイテムを「カラータイマーっぽい!」とこじつけて無理矢理認めていたけれど、今年のデザインはシンプルかつ集めたくなるデザインで収集欲がすごい。しかも食玩やガチャのラインナップはほとんどが食玩・ガチャ限定。本編に登場しないことがほぼ確定だが、ゼットンとかゴモラのリングめちゃくちゃ欲しい。あれ全部集めて家に飾ったら満足感すごいだろうなあと考えてしまう。お金ないのでやらないけど。

 

ウルトラマンタイガ DXウルトラタイガアクセサリーセット01

ウルトラマンタイガ DXウルトラタイガアクセサリーセット01

 

 

 

また、毎年敵側が使用していた怪人アイテムは今回タイガが使うように。しかもロッソ達ニュージェネの力も変身ではなく必殺技に用いるだけの様子。ここ数年狂ったように過去作の力でフォームチェンジ・パワーアップをしていたことに目を瞑りきれていなかった私としては、独自路線を目指した偉大な一歩として賞賛したい。まあ、今後パワーアップがどうなるのかは分からないけれども。やっぱり3人合体(ヒロユキと合わせて4人合体)が安パイなのかな。タイガ一強とかはやめてほしいところ。どちらにせよ、やはり過去作に頼らないウルトラマンもそろそろ観たいんだよね…。

 

設定自体も3人のウルトラマンがそれぞれ、タロウの息子、ジョーニアスと同じ星の出身、オーブ達と同じ星の出身と過去作を意識した背景があるけれども、これもあくまでバックボーンに留めてほしいなあ、と。タイガが主役なのでタロウという偉大な父を持ったコンプレックスの話なんかもあるのかなと思っていたら、Youtubeで配信中のボイスドラマでケリがついてしまった。今後テレビシリーズでもやるのだろうか。『メビウス』を観ていないので特に感動はなかったのだが、そういった些細な過去作との連動があるのは正直嬉しい。小ネタ程度ならバンバンやってくれていいんですよ。

 

第2話にしてタイガ達トライスクワッドだけでなく、ヒロユキにとっても「チビスケの仇」としてトレギアが宿敵になった。展開が早い。やはり1クール目でトレギアとの片が付く構成なのだろうか。王道な雰囲気が出ているので、2クール目は別でラスボスが出てタイガとトレギアが手を組むなんてことも全然ありそう。他にもホマレの正体とかサラッと今後に繋がる要素が入れられていたけれども、E.G.I.S.メンバーにもきちんとスポットは当たるのだろうか。E.G.I.S.が民間の警備会社っていうのも結構ツボな設定。

 

ただ、2話まででは爆発的な面白さには欠けるかなといった印象。ヒロユキの優しさとトレギアの不気味さが際立ってはいたけど、「うお~おもしれえ~」という境地には至らず、令和初という肩書に対してあまりに普通過ぎる。まあここ2年間捻ってましたもんね…。その辺りキャラクターが増えればまた変わってくるのかな。王道路線で行くのであれば迷走せずにどこまでも突き進んでいってほしい。ヒーローが乱立する今の時代に「明朗快活な王道ヒーロー」をやるのはある意味かなり難しいだろうけど、どんどんブーストをかけて素晴らしい物語になっていってくれたらなあと思う。

 

続きの感想は気が向いたところで。

 

 

ウルトラマンタイガ DXタイガスパーク

ウルトラマンタイガ DXタイガスパーク

 

 

 

 

 

ウルトラマンタイガ ウルトラアクションフィギュア ウルトラマンタイガ

ウルトラマンタイガ ウルトラアクションフィギュア ウルトラマンタイガ