"映画"

映画『ソウルフル・ワールド』評価・ネタバレ感想! ピクサーが贈るとてつもない人間賛歌

コロナウイルスによって大打撃を受けた映画業界。鬼退治をする炭売りの少年がなんとか頑張ってくれてはいますが、依然として厳しい状況は続いている様子。その余波を受け、劇場公開ではなくDisney+での配信となってしまったピクサー最新作の『ソウルフル・ワールド』。クリスマスに配信開始ということで、いろいろ頑張ってくれてはいるけれど、いやあでもこれは劇場で観たかった。音楽(ジャズ)を大々的に推しているわけだし、劇場の音響で楽しみたかった。もしコロナさえなければ、予定通り劇場公開できていたら、きっともっと多くの人が観てくれていたと思う。 なんで配信になってしまったことをこんなに惜しむかと言うと、めちゃくち…

映画『鬼滅の刃 無限列車編』評価・ネタバレ感想! 炎柱大活躍、そして…

『鬼滅の刃』がついに劇場アニメになった。ジャンプで連載を追っていた身からすると本当に驚きで、『ONE PIECE』に匹敵するほどの国民的人気を勝ち取っている今の状況が奇跡に思える。それほどまでに「この作品、大丈夫か?」と思わせる独特さがあった。そこが好きで読み続けたし単行本も買い揃えて毎週楽しみにしていたのだが、まさかここまでの一大コンテンツになるとは…。つくづくヒット作とは予期できないものなのだなと感じる。 今回アニメ化されたのは「無限列車編」と題される箇所で、TVアニメ1期「竈門炭治郎立志編」から直接繋がる続編である。無限列車と呼ばれる列車の中で、これまでで最大の敵・下弦の壱と炭治郎たちの…

映画『マッド・ハウス』評価・ネタバレ感想! ご近所洗脳系ホラー

同名のアニメ制作会社とは当然何の関係もなく、引っ越した先の住人たちがとんでもない奴らだった!という映画。精神を痛めつけて隷属させようとするタイプの映画は結構あるが、低予算でここまで表現できているのはお見事。物語も起伏に富んでいるわけではないのに、イヤ~な感じを90分近くずっと保てているために観ていて飽きない。ちょっと怖いの観たいなあくらいの時に観るとめちゃくちゃ面白く感じるかもしれない。それくらいよくできた作品なのである。 法律事務所で働くサラは仲の悪い両親の元を離れ、一人暮らしを始める。とあるマンションに引っ越した彼女に優しく声をかけてくれる近隣住民たち。しかしサラは、ペット不可の物件なのに…