英会話 独学中のあなたにオススメ『サウンド・オブ・ミュージック』

英会話 独学中のあなたにオススメ『サウンド・オブ・ミュージック』

英語を独学で勉強している方の中には、

「英語を楽しみながら勉強できたらいいな」

「なかなかモチベーションを保つのって難しいな」

と思っている方もいらっしゃると思います。それに、独学だとなかなか実際に使える英語を身に着けることって難しいですよね。

そこで今回は、英語を楽しく勉強する方法としてオススメの映画『サウンド・オブ・ミュージック』と、映画を見ながら英語を学ぶときのステップも紹介していきます。ぜひ、最後までご覧ください!

映画『サウンド・オブ・ミュージック』について

ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』は、1965年に公開されたアメリカの映画です。「ドレミの歌」や「私のお気に入り」、「エーデルワイス」など、劇中では数多くの名曲が歌われ、公開後50年以上たった今でも色褪せない不朽の名作となっています。

あらすじ

1938年、オーストリアのザルツブルクにある、古風で厳しい教育方針を取るトラップ家に家庭教師としてやってきた修道女・マリア。マリアは音楽や歌うことの素晴らしさを子供たちに伝えようとするのだが、子供たちの父親トラップ大佐とは衝突が絶えなかった。しかし、マリアは自分が大佐に惹かれていっていることに次第に気づき、悩んでしまう。やがて大佐は再婚することが決まってしまい、マリアは傷心のまま修道院へと帰っていく・・・。

映画で英会話を学ぶときの4つのステップ

ここからは、洋画で英語字幕を用いて英会話を勉強する際の4つのステップを紹介していきます。

ステップ1:日本語吹き替えで見る

特に初心者から中級者の方は、まず物語を把握するためにも「日本語吹き替え」から視聴することをオススメします!日本語で物語の流れや台詞などを一度把握することで、英語で見たときでも理解しやすくなります。モチベーションを保つためにも、日本語で見て面白いと思えることは必要なことです。

ステップ2:英語音声+日本語字幕で見る

ステップ1で物語を把握した後は、「英語音声+日本語字幕」で映画を見てみましょう。内容をすでに把握しているため、音声に集中でき、字幕をただ読むということになりづらいです。ただし、注意していただきたいのは、わからないなと思っても停止して調べたりすることはしないということです。楽しさが半減してしまうため、続けづらくなってしまいます。字幕を見ながら理解できる範囲で見て、英語ではこんな風に言うんだなあという楽しさを味わってください!

ステップ3 :英語音声+英語字幕で見る

英語音声を把握した後は、日本語字幕を英語字幕に変えて見てみましょう。このとき、台詞一つ一つを細かく字幕と照らし合わせるのはやめましょう。ここでも聞き取ることに集中し、聞き取れたという嬉しさを味わうことを忘れないようにしてください。もし、聞き取ることができず、字幕を見ても難しいとなった場合、見ている映画が自分のレベルとあっていない可能性があります。そのときは、別の映画に切り替えるか、ステップ2に戻って、日本語字幕で、もう一度見直してみましょう。

ステップ4:英語音声のみで見る

最終ステップです。英語音声のみで見るのは非常に難しいため、もし聞き取れない箇所があっても落ち込まないようにしましょう。また、聞き取るには自分でも発音できる必要があります。もし聞き取れない場合、真似して発音してみるのも良いでしょう。

まとめ

英語を独学で学ぶには、やはりモチベーションを保つことが重要だと思います。ぜひ、今回ご紹介したステップを用いて、映画『サウンド・オブ・ミュージック』を視聴しながら、勉強してみてくださいね。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me