映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』評価・ネタバレ感想! A組の活躍に湧き、ラストに絶望する

大人気漫画『僕のヒーローアカデミア』が2度目の映画化。前作は、デクとオールマイトの共闘という原作では不可能となってしまった展開で観客の度肝を抜いたものの、お話としてはごくごく普通のジャンプ原作アニメの映画化といった感じで、正直そこまでの興奮はなかった。元々ヒロアカにぞっこんという程のめり込んでもいない人間なので、どうしても斜めに見てしまうのだが、いやあ今回『ヒーローズ・ライジング』はやりやがったな~という思いです。堀越先生、本当に盛り上げ方が巧い。ジャンプ漫画が映画化することの意味をしっかり理解している。前作のラストはひたすら興奮していたけど、今作の最終決戦には物悲しさがある。入場特典のインタ…

映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』評価・ネタバレ感想! 邦画最高峰のアクション映画!

2019年もいろいろありました。新元号が発表され、平成が終わり令和が始まる。その変化により、「平成ライダー」の歴史に幕が下りるのも必然のこと。8月に平成ライダーは終わりを迎え、9月1日から令和ライダー第1作目『仮面ライダーゼロワン』がスタートした。と言っても毎年仮面ライダーを観ているこちらからすれば何が変わったというわけではなく、単純に括りが新しくなっただけ。でもこれまで仮面ライダーを観てこなかった人、気になってはいたけどどれから手をつけていいか分からなかった人にはとても良い入り口だと思う。やけに宣伝した「令和ライダー1号」という肩書きは新規層を取り込む意味が大きいのかもしれない。とにもかくに…

悪いスーパーマンという設定だけは満点のグロ映画 映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』評価・ネタバレ感想!

2000年にX-MENの映画が公開され、その後『スパイダーマン』、『ダークナイト』によってヒーロー映画はどんどん重苦しくされていった。その暗雲を吹き飛ばすかのように出現したMCU第1作『アイアンマン』は見事な成功を収め、計画通りにヒーローを集結させた『アベンジャーズ』が大ヒット。今年公開された『アベンジャーズ エンドゲーム』は歴代興行収入第1位を記録し、大御所映画監督が「あれは映画じゃない」と発言する事態にまでなった。ヒーロー映画を認めない人もいるだろうが、映画界としては見過ごすことのできないジャンルである。とはいえ、ヒーロー観というのは既に飽和状態で、アベンジャーズやジャスティス・リーグ、ヘ…

純度120%! 驚異の実写化! 映画『地獄少女』評価・ネタバレ感想!

大人気アニメ(漫画)の『地獄少女』が実写映画化と聞いた時は歓喜と不安でいっぱいだった。そして、監督が白石晃士監督だと聞いた時、不安は一気に消え去りただ公開日を待つ日々が始まった。小学生時代に原作を観ていた私だったが、2期以降は全く観ていなかった。そのため、映画に間に合うよう取り急ぎAmazonビデオで4期まで全84話を完走。以前に実写化を果たしている連続ドラマの方は未見。公開日前日まで地獄少女に入り浸る生活だったので、アニメとの違いにいささか戸惑うこともあるかと思っていたが、なんと全く違和感のない作りであった。さすがは白石監督。 この白石晃士監督にも言及せねばならない。私が初めて観た作品は白石…

設定は爆死だがアクションは一流 映画『ターミネーター ニュー・フェイト』評価・ネタバレ感想!

「『ターミネーター2』の本当の続編」と謳われた本作。2003年の『ターミネーター3』、2015年の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』に続く、3作目の『ターミネーター2』の続編である。つまりターミネーターシリーズは3作目を境目に3つに分岐しているのだ。非常に紛らわしい。それというのも興行収入の不調が原因で、3部作を予定してたけどスタートでコケたからやっぱりナシでとなってしまっているのである。そして、今作『ターミネーター:ニュー・フェイト』も新たなるシリーズの幕開けとして制作された。しかし、やはり収入は芳しくなく早くもシリーズ存続の危機に立たされているらしい。私が観た回は長らくシリーズを愛し続…

母の殺人に人生を蝕まれた子どもたちの物語 映画『ひとよ』評価・ネタバレ感想!

愛する子どもたちを守るため、DV夫を殺害した母親が15年ぶりに帰ってくる。しかし、その「一夜」の出来事は決して「父親の暴力からの解放」だけを意味するものではなかった。人殺しの子どもというレッテルを貼られて生きてきた3人は、帰還した母親とどう向き合うのか。 白石和彌監督らしい、息の詰まるような緊張感の中で変質してしまった家族模様が描かれる。佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子。たった一夜の出来事で人生が大きく狂ってしまった彼らの物語は、ヤクザから足を洗った男の悲劇と見事なコントラストを描き、呪いにも似た「家族」という関係性に、一先ずの終止符を打つ。 原作は劇作家の桑原裕子の脚本。そのせいもあって…

世界観の練り上げに思わず感服! 映画『パペット大騒査線 追憶の紫影』評価・ネタバレ感想!

パペットとは指人形を指す言葉で、操り人形と指人形を兼ね合わせたものはマペット(マリオネット+パペット)と言うらしい。つまりパペットマペットには意味合いとして、指人形が2回と操り人形が1回入っていることになる。しかも実際にはウシくんとカエルくんを手に装着しているだけなのでパペットでしかない。令和に入ってまさかパペットマペットの真実を知ることになるとは思わなかった。 マペットという技法はセサミストリートの生みの親であるジム・ヘンソンが開発したものなのだが、彼の息子であるブライアン・ヘンソンが父親が創作したシステムを使って好き放題やった作品が、この『パペット大騒査線 追憶の紫影』。紫影は、「パープル…

映画『殺人鬼を飼う女』評価・ネタバレ感想! 純文学的なエロスが漂う微ホラー作品

大石圭の同名小説を、『リング』などで有名な中田秀夫監督が映像化。大石圭は『呪怨』のノベライズ版も執筆しており、奇しくも日本が誇る二大ホラー作品に携わった2人のコラボということになる。ただ、中田秀夫監督の作品は『リング』こそ社会現象を巻き起こしたものの、その後は鳴かず飛ばずの出来。山田孝之と藤原竜也のW主演作『MONSTERZ』は興行的に振るわず、『リング』を現代的な視点で描いた最新作の『貞子』も一昔前のホラー描写と貞子という看板に頼っただけの、陳腐な出来だった。そう、「あの『リング』で有名な中田秀夫監督のホラー最新作!」と聞いたら我々はある程度身構える必要性に駆られているのである。 映画として…

襲い来る動物たちのリアリティに戦慄! 映画『アニマル・パージ』評価・ネタバレ感想!

2019年8月末、多摩動物公園にて、飼育員がサイに襲われて死亡したという事故があった。動物園の動物は人々にとって親しみやすい存在であるし、動物園側も動物について知識を深めてほしいという意識がある。その反動もあり、この事故はショッキングな事件として話題になった。檻や柵越しに観察するせいでキャラクターと見做されてしまうこともあるが、動物園の動物たちは言わずもがな生物なのである。中には人間よりもはるかに優れた筋力や脚力を持つものもいる。もしそんな動物たちが人間に牙を剝いたら一体世界はどうなってしまうのか…。そんな潜在的な恐怖を映像化したのがこの『アニマル・パージ』である。 ある動物園で飼育員がホワイ…

映画『IT/イット THE END それが見えたら、終わり。』評価・ネタバレ感想! ITの続編はホラー薄めの青春ドラマ

スティーヴン・キングの代表作を映画化した『IT/イット それが見えたら、終わり。』の続編にして完結編が遂に公開された。ルーザーズ・クラブがイットと戦ってから27年後の2016年。デリーに再びイットが現れたことを知ったマイクは、他のメンバーに「約束を果たす時が来た」と電話をかける。マイクの話を聞いて幼き日の記憶を取り戻した6人は、自らを襲った恐怖と再び対峙することになってしまったのである。 原作は文庫版で2000ページ近くにも及ぶ大長編で、1990年には1度テレビスペシャル版も作られている。そんな物語を再び実写化することには相当なプレッシャーもあったのだろうが、前作の結果はなんとホラー映画史上N…