ミーアキャットスペース

主に映画、ドラマ、漫画などエンタメの感想・考察をだらだら書きます。

映画『ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』ネタバレ感想! あまりにも保守的すぎるリメイク

【メーカー特典あり】 「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」ミュージックコレクション (初回生産限定盤) (オリジナルポストカード付)

 

ポケモン映画の原点にして最も人気のある『ミュウツーの逆襲』が20年以上の時を経てカムバック。と言えば聞こえはいいが、実際には単に3DCGに変更しただけであり、既に原点を知っている者からすれば目新しさはない。物語に大きな改変もなく、私としては非常に退屈だったというのが率直な感想。こんなに何も変えないなんてことがあるのかよ、というか。

 

そもそも私は『ミュウツーの逆襲』を含めたポケモン映画があまり好きではない。言い方は悪いが、悪役やうじうじしたゲストキャラに根性論の正論をぶつけるだけの主人公・サトシが絶対的英雄として君臨するだけの物語だと思っている。だからこそ、サトシ以外のキャラクターの心の動きが丁寧に描かれラストに結実する『みんなの物語』は非常に楽しく鑑賞することができた。

 

www.meerkatinspace.com

 

しかし、今回の映画は『ミュウツーの逆襲』のリメイク。まさか原点のまんまだとは思わなかったが、それなりに覚悟はしていた。確かに『ミュウツーの逆襲』は非常に人気の高い映画だが、個人的には難解なテーマに挑戦し、そのアンサーをしっかりと提示したことは評価したいものの、その描写が丁寧であったわけではなく、決して手放しで褒められる映画ではないと思っている。そのため、「ミュウツーの逆襲は大人にも通用するポケモン映画」という評価には首を傾げる。要するに、私はポケモン映画があまり得意ではないのだ。なら観に行くなよという意見もあるかもしれないが、それは私の自由なので見逃してほしい。

 

まず驚いたのがあまりにも『ミュウツーの逆襲』そのまんまであることだ。リメイクといえば多少の改変や現代的な描写が追加されることが多いが、本作はただ3DCGに変更された以外は全くイジられていない。細かいことを言えば、サトシのママやオーキド博士が登場しなかったり、いくつか描写が削られている部分もあったが、それでも大筋は変わらない。これはおそらく当時の映画を知らない子どもたち向けに作られているのだろう。そう考えて割り切ることもできるが、やはり何度か観ている映画をそのまんま復活させられるのは非常に退屈だった。秋に新作が発売されるが、それとの連動もなし。毎年恒例の劇場配布ポケモンもなし。今の時代、子どもたちも配信やレンタルで過去作くらい簡単に観られるだろうに、全く同じ内容の映画を上映することに意味があるのだろうか…。映画のネタが切れたために、人気作を客寄せパンダに使っただけではと勘ぐってしまう。

 

『ミュウツーの逆襲』自体にいろいろと問題があると思っている人間なので、どうしても『EVOLUTION』も欠陥品のように感じてしまう。私が最も好きなシーンはサトシが「やめろーっ!」と叫んでミュウツーとミュウの戦いを止めようとするシーンである。好きと言っても、感動の意味ではなくネタ的な意味で、である。サトシが本当に戦いを止めようとするならミュウツーかミュウに向かっていくべきだし、そもそも向かっていったところであのレベルの戦いをサトシが止められるはずがない。そういったサトシの主人公補正における無鉄砲さが私は非常に苦手なのだが、あのシーンは何も考えずに二匹の攻撃のど真ん中に入るという絵面的な面白さと相まって、私は毎回笑ってしまう。そこからサトシ石化の流れで感動している方々には非常に申し訳ない。だが、そのシーンがより劇的に描かれているのは非常によかった。

 

「いるんだからいるんじゃないのー」や「朝飯前より昼飯前」など、お馴染みのセリフもしっかりと再現されていて、懐かしさに浸ることができる。だが、私はやはりリメイクは「どう改変するか」・「どう現代的に落とし込むか」に視点がいってしまうので、ただ映像表現を変更しただけの焼き増しが上映されたという事実が非常に悲しくもある。まして『キミにきめた!』で大きく路線を変更したポケモン映画が『みんなの物語』で更に新たな境地へと踏み込んだのに、ここにきて原点の『ミュウツーの逆襲』そのまんまの作品を出してくる。そこがどうも釈然としない。

 

また、公開のタイミングも悪かったように思う。奇しくも今年5月に公開されたハリウッドでの実写版ポケットモンスター『名探偵ピカチュウ』では、ピカチュウとミュウツーが街中で大暴れというとんでもない『ミュウツーの逆襲』リスペクト。そちらでCGのミュウツーを堪能していたこともあり、既に食傷気味なのだ。ポケモンGO、『キミにきめた!』、『みんなの物語』、『名探偵ピカチュウ』とポケモンは様々な業界に進出し偉大な功績を残している。ここ数年で進化を続けてきたポケモンがどうして原点に戻ってしまったのだろう。非常に疑問の残る一作だった。

 

 

 

 

ジョウトの伝説・ポケットモンスターゴールド・シルバーアレンジアルバム

ジョウトの伝説・ポケットモンスターゴールド・シルバーアレンジアルバム