ミーアキャットスペース

主に映画、ドラマ、漫画などエンタメの感想・考察をだらだら書きます。

悪いスーパーマンという設定だけは満点のグロ映画 映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』評価・ネタバレ感想!

Brightburn [Blu-ray]

2000年にX-MENの映画が公開され、その後『スパイダーマン』、『ダークナイト』によってヒーロー映画はどんどん重苦しくされていった。その暗雲を吹き飛ばすかのように出現したMCU第1作『アイアンマン』は見事な成功を収め、計画通りにヒーローを集結させた『アベンジャーズ』が大ヒット。今年公開された『アベンジャーズ エンドゲーム』は歴代興行収入第1位を記録し、大御所映画監督が「あれは映画じゃない」と発言する事態にまでなった。ヒーロー映画を認めない人もいるだろうが、映画界としては見過ごすことのできないジャンルである。とはいえ、ヒーロー観というのは既に飽和状態で、アベンジャーズやジャスティス・リーグ、ヘルボーイなど魅力的なアメコミ作品がリブートされていく一方で、全く新しいヒーロー像というのを一から創り上げるのはなかなか苦しい。

 

最早ヒーローも飽和状態でヒーローもののパロディすら散々目にしてきた我々だが、やはり映画制作に携わる人間は発想力が段違いである。そう、新たな作品が誕生したのだ。

宇宙船に乗ってきた赤子が少年になり、スーパーパワーで気に入らない人間を次々と殺していく。そんな斬新な発想が公開前から話題になっていた『ブライトバーン/恐怖の拡散者』。制作は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン。確かに彼ならこういう作品を思いつきそうである。要はもしもスーパーマンが悪人だったら? という設定で、前半はスーパーマンのパロディになっている点が面白い。日本人には『ドラゴンボール』の孫悟空がもし頭を打たずサイヤ人としての記憶を保ったままだったら? という方が通用するのかもしれない。

 

 

 

 

DRAGON BALL モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

DRAGON BALL モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

面白そうな設定に釣られて私も期待に胸を膨らませて鑑賞したのだが、これがどうしたことやら。非常にチープな設定止まりの出オチ作品に仕上がっており、ガッカリしている。そう、確かに「スーパーマンが悪人だったら」という視点は面白いのだが、それって要はヴィラン誕生譚なんですよ。先ほども言及した通りヒーローは既に飽和状態で、当然ヒーローと対をなすヴィランの物語も死ぬほど見てきた。ヒーローと真逆な思想を持っていたり、ヒーローに執着したり、どうにもならない感情の行き先が破壊衝動だったり、ヒーローものは決して主役だけで出来てるのではなく、ヴィランの魅力も重要になる。

 

で、この映画がヴィラン誕生譚としてどうかと言うと、非常につまらない。主人公の少年ブランドンは特に理由があって悪に染まったわけではない。先月の始めに『ジョーカー』という丁寧な悪役誕生劇を目撃していると余計にこの辺りがチープに見える。宇宙船から「世界を奪え」という声が聞こえており、思春期を迎えて何となく周囲の人間の言葉が気に食わなくなる。彼が人を殺すのはそれだけの理由なのだ。確かにこの映画はジャンルとしてはアクションやヒーロー映画ではなくホラー映画であるため、ブランドンの動機を多少省いてもいいとは思うのだが、彼の人間では成す術もない超能力によって、ただの殺人ショーになってしまっているのが非常に残念。

 

しかし、グロテスクな殺人ショーだと思って観ればそれなりにいいかもしれない。念力でガラスを割ってウェイトレスの眼球に破片が刺さる、その後倉庫に追い詰めて全速力で激突し腹部に風穴を空ける、トラックを浮かせて地面に激突させ運転手の顎を粉々に砕く、目から出すビームで焼く、上空に連れていきそのまま落とす。スーパーマンが人を救ってきた能力を極端なまでに殺人に利用していくこの天才的スキルには感嘆してしまう。また、ホラー映画の怪物的ムーブも完璧で、好きな子の家に侵入、画面の端にサラッと現れるなどなど、どうしようもなくヤバい奴という言動には事欠かない逸材である。

 

そんなブランドンの人殺し無双は楽しいが、やはりストーリーはダメダメである。中盤で一度も出血したことのないブランドンが、宇宙船を見つけた時その破片で手をケガするシーン。明らかな伏線であることがバレバレである。設定自体はスーパーマンにおけるクリプトナイトと同様なので悪くはないのだが。そして案の定ラストシーンでブランドンに襲われた母親が宇宙船のことを思い出す。この破片なら息子を殺せる! と、言葉巧みに騙して抱き寄せ、背後から破片を突き刺すはずがいとも簡単に見破られてしまう。そのまま上空まで連れていかれ、地面に落とされる。あっけない。なんだろうこの虚無感というか、もうどう足掻いてもブランドンには勝てないしただ無双を見守るだけの気持ちは。

 

あと、ブランドンが犯人だと疑っていた刑事がいざ接触したらあっさり殺されてしまったのも残念。ただ、ブランドンの無実を信じる母親と彼が犯人だと確信する父親の心の揺れはよかった。ブランドン役のジャクソン・A・ダンのいかにもダークサイドに落ちそうな表情もいい。それなのにストーリーが「もしもスーパーマンが悪人だったら」という出オチにしかなっていないのが勿体なさすぎる。この設定なら闇堕ちを感情論でなくもっと印象的にやってほしかったなー、と。

 

そして最後に耳に残るエンディング曲。ビリー・アイリッシュの「bad guy」という曲でこれが非常に印象的。ぼそぼそとした歌声と耳に馴染む間奏がこの映画の屈折した設定とうまく結びついている。洋画でエンディング曲が印象的なことってそういえば少ないような。

続編の予定もあるようなので、それによってブランドンのキャラクターが掘り下げられれば、評価を見直すこともあるかもしれないが、今作単体では非常に残念な出来だった。

 

 

バッド・ガイ

バッド・ガイ

  • アーティスト: ビリー・アイリッシュ
  • 出版社/メーカー: Darkroom/Interscope Records
  • 発売日: 2019/03/29
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る