日本を代表する大作ゲーム!FFのおすすめ作品トップ5

スクエアエニックスのドラゴンクエストや、Cygamesのグランブルーファンタジーなど日本を代表する数々の大作ゲーム。今回はその中でも、過去に世界最多の作品数を有するRPGシリーズとしてギネス世界記録にも記録された、ファイナルファンタジー(通称:FF)のおすすめ作品トップ5をご紹介していきます!

ファイナルファンタジー(FF)とは?

1987年にファミリーコンピューター用に発売されたRPGゲーム・ファイナルファンタジー(FF)。外伝などを除くと、2022年2月現在で全15作ものシリーズが発売されています。発売順にナンバリングされていますが、続編同士の世界に接点があるわけではないため、どのシリーズからプレイしても楽しむことができます。

FFおすすめ作品トップ5

それでは筆者が選ぶFFおすすめ作品トップ5を早速みていきましょう!なお今回は、ナンバリングタイトルであるFF1〜15のみ対象とし、そのうちFF11・FF14はオンライン専用ソフトのため候補から外しています。

1位:ファイナルファンタジーVII

数あるシリーズの中でも一番の人気作といえば、やはりFF7ではないでしょうか。ゲームの難易度がそこまで高くないため、奥深いストーリーや個性的なキャラクターたちに集中して楽しむことができます。

2位:ファイナルファンタジーX

歴代FFシリーズの中でも最高の仕上がりと絶賛される、壮大なストーリーが特徴のFF10。

後半に待ち受ける予想外の展開は、まるで映画をみているかのように感じさせられます。他のFFシリーズの西洋風な世界観とは異なり、東洋風な設定にも注目です。

3位:ファイナルファンタジーV

FFシリーズでお馴染みのジョブチェンジシステムに加え、自由度の高いスキルのカスタマイズが合わさり、やりこみ要素満載のFF5。一度クリアしても、キャラクター育成が楽しいので何週でもプレイできる、バトル重視の作品です。

4位:ファイナルファンタジーIX

「原点回帰」をテーマとしたFF9は「絵本のような世界観」と表現されることも多く、グラフィック重視の方にはぜひプレイして頂きたい作品です。中世ヨーロッパのような街並みや風景が可愛らしく、3Dビジュアルで表現されています。

5位:ファイナルファンタジーVI

FF6の一番の特徴は登場キャラの多さです。イベントをクリアするためには必ず14人全員を操作する必要があるため、特定のキャラだけでは攻略できません。こんなに主人公が多いRPGはあまり例がなく、新鮮な気持ちで楽しめるのではないでしょうか?

まとめ

シリーズによって様々な特徴を持つFFシリーズ。プレイされる方の好みによって、お気に入りの1本も異なってくることでしょう。そんなFFシリーズの最新作となるFF16が、PS5用ソフトとして現在開発中と発表されています。まだプレイしたことのない方は最新作からFFの世界に触れてみるのもいいかもしれませんね。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me