ミーアキャットスペース

主に映画、ドラマ、漫画などエンタメの感想・考察をだらだら書きます。

映画『1917 命をかけた伝令』評価・ネタバレ感想! ワンカットの説得力に呑まれる

1917

 

『007 スカイフォール』などのサム・メンデス監督の新作はイギリスの実話を元にした戦争もの。前線部隊に作戦中止の命令を届けるために奔走する伝令係2人のバディムービーだ。特筆すべきは「全編ワンカット」であること。しかし、宣伝ではワンカットワンカットと謳っているが、実際にはそう見せているだけの擬似的なワンカットらしい。公式サイトにはきちんと説明されているので、予告映像しかチェックしていない観客は偽りの謳い文句に誘われたことになる。

 

しかし、この映画の末恐ろしい点は実際に鑑賞しても本当にワンカットにしか見えないこと。擬似だと知っていれば「あ、ここで明らかに編集入ったな」と勘付くシーンもあるのだが、ワンカットだと断言されていたらあっさりと信じ込んでしまうだろう。更に、第一次世界大戦真っ只中の1917年が舞台とあって、映画の後半からは銃弾や土煙が飛び交い、猛スピードで兵士たちの命が失われていく。いつ死ぬか分からない戦地で、1600人の兵士の命を救うために奔走する。正直、ワンカットと聞いても特に魅力は感じなかったのだが、アカデミー賞で撮影賞や視覚効果賞を受賞したのも納得できるほどに、とにかく観客を圧倒する映像だった。

中には、「え、これ、どうやって撮ってんの??? 神か何かが介在してない???」と思ってしまうくらいわけが分からなくなるようなシーンも。特に1番の見せ場であるクライマックスの戦場横断シーンは鳥肌もの。いや本当に意味が分からない。一体どうやって撮影しているのか。ソフトが発売されたらメイキングも楽しみである。

 

 

戦争映画にはやはりいつ人が死ぬか分からない緊迫感が大切だと思うのだが、この映画はそういう意味でもノルマをクリアしている。現に、主要人物はブレイクとスコフィールドの2人だけであるにも関わらず、約1時間でブレイクが死んでしまう。墜落した敵パイロットを救助しようとしたところ、返り討ちに遭って刺されてしまうのである。その直後にあっさりとスコフィールドがパイロットを撃つシーンもすごいのだが、優しさが仇になったブレイクの「ちくしょう!」という断末魔がいつまでも耳に残る。

 

ブレイクの死によって、当初は任務を嫌がり相棒に自分を指名した彼に悪態をついていたスコフィールドが決意を固めることになる。単純に考えてもそりゃそうである。自分が辿り着けなければ1600人が無駄死にし、前線にいるブレイクの兄も助からないのだ。ベタだが熱い展開。しかし、恐ろしいことに2人の時よりも過酷な試練が彼の前に立ちはだかる。遂に敵の基地へ到達してしまったのだ。敵は大勢・見つかれば即死・視界の悪い真夜中・正面には業火という絶望的な状況で彼は孤独に戦う。1人なのでそこまでセリフが多いわけではない。状況の説明も少ない。それでもワンカットの緊迫感がスコフィールドの勇気を最大限に演出し、スクリーンから目が離せなくなる。

 

夜が明け、くたくたになった彼の前に待機中のイギリス兵士達が現れる。息も絶え絶えのスコフィールドだったが、彼らが探していた部隊の第二波であることを知り、司令官の大佐の元へとひた走る。綺麗に整列した兵士達を押し除けて全力疾走する彼の姿に思わず涙腺が緩む。ここまで観ると我々の心情は完全にスコフィールドと重なっているので、心の底から「よかった」と思える。彼の決意や勇気が無駄にならずに済むかもしれない。そんな希望に、彼を応援せずにはいられないのだ。

 

本部に近づくごとに重鎮が増えるのか、スコフィールドを力づくで止めようとする者たちが出てくる。逆に今まで兵士達に止められなかったのが不思議なくらいだ。そしてようやく本部に辿り着き、大佐に令状を突きつける。大佐を演じるのはドクター・ストレンジことシャーロックことベネディクト・カンバーバッチ! 丸1日歩いた後にカンバーバッチがいたら安心感が半端じゃないが、大佐の対応は素っ気なかった。自分の作戦が正しいと信じ込み、スコフィールドを追い出そうとする。しかし、令状を読むと態度が一変。すぐに作戦中止を言い渡す。こうしてブレイクとスコフィールドの任務は果たされた。しかし、ここまで命を賭けて奔走してきたスコフィールドはあっさりと帰される。確かに権威があるわけでもないし、指令を伝えに来ただけなのだから当然といえば当然なのだが、なんだろうこの言いようもない虚しさは。命までかけてなんなら1人失ってこれかよ、という…。

 

しかしスコフィールドにはまだやるべきことが残っている。ブレイクの兄に彼の形見を渡すのだ。傷病者が集まるテントでブレイク中尉を探し続ける。ようやく見つけた彼にブレイクの形見を渡し、彼の最期を話す。1人になったスコフィールドは家族や恋人の写真を握り締めて座り込む。

 

監督曰く、「本作は、映画の歴史を語るわけでもなく、何かメッセージを伝えたいというわけでもない」らしい。純粋に没入感のみを意識し、各シーンを緻密に構成していく。その結果生まれたワンカット演出が、物語を何倍にも強めている。戦争映画は安易に感動を誘ってはならないし、小難しく堅苦しくしても観客が喜ばない。非常に調節が難しいジャンルだと思うが、この映画に関しては圧倒的な映像が素晴らしく、文句を言う隙もない。撮影監督のロジャー・ディーキンスが言う「作品の物語へ没頭してもらうこと」という目的が見事に果たされているのだ。

 

頭空っぽで楽しめる映画とは正にこのことを言うのではないだろうか。何も考えなくとも、予備知識なしでも、没入感だけで満足できる。戦争映画だからと言って敬遠せず、万人に観てもらいたい作品であった。

 

 

1917

1917

  • アーティスト:Original Soundtrack
  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2019/12/20
  • メディア: CD
 

 

007 / スカイフォール (字幕版)

007 / スカイフォール (字幕版)

  • 発売日: 2014/02/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

ダンケルク(字幕版)

ダンケルク(字幕版)

  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: Prime Video